店舗ヒーローイメージ

Add Re+ to Casual days.「何気ない日常にリプラス(喜び)な情報」を発信しています。

大豆?落花生? 節分でまくものとは!?

こんにちは!
投稿担当のSです。

 

早いもので2月になりましたね~。と言いつつ、1月は長く感じました…

帰省してたのが数ヶ月前のようです。

 

2月といえば、
節分
バレンタイン
と行事がありますよね!

 

学生の頃、バレンタインデーは

机の中をゴソゴソやっちゃってました。

 

義理でも入ってると露骨にテンション上がっちゃうんだよなぁ笑

あー懐かしい。

 

今回は節分について、
ちょっと記事にしようかと思います。

 


 

【地域によってまく豆が違う】

節分も地域によって特徴がある行事の一つだと思います。
まず、まく豆の種類が違います。

 

自分は

小学生まで、“山梨”

中学生から大人までは、“秋田と岩手”

現在は“群馬”で生活をしています。

 

■小学生のとき
節分では大豆を投げていました。

 

学校の給食でも大豆が出たし、
それで豆まきをしたものです。

 

何より、きなこ棒が大好きだった私は
(遠足にはマスト、駄菓子屋さんでも必ずチョイス)
もちろん大豆も大好き。
歳の数以上にボリボリと食べていました。

 

あ~、大豆食べたい…。
口の中の水分がなくなっていくけど、あの素朴な味はやめられません。

 

 

■中学生~
東北に引越しをしてから、びっくりしたのが…

 

豆まきに“落花生”を投げていたことです!
しかも、殻のまま!!

 

落花生は美味しいけど、やっぱ大豆の方が好きかな~。
(でも豆、ナッツ類が大好きです)
千葉の親戚から、名産品の落花生が送られてくるのも楽しみでした。

 

落花生が明らかに優位なのは
殻のまま投げるから、拾って食べれるトコロ。

 

調べてみると東北地方で落花生を投げるのは
雪の上に投げても拾いやすいように、掃除しやすいようにって
ことで広まったという説もあるみたいですね。

 

 

■大豆と落花生の地域差をネットで調べる

北海道、東北、宮崎、鹿児島で”落花生
その他の地域では”大豆

ってな感じみたいです。

 

なんで九州の一部?って思いますよね!笑

 

それについては
「大豆を投げてたけど、落花生の産地になったからそうなった」
ってのが有力な説のよう。

 

昔なにかで見たか読んだ話で、
「昔の文化や流行りが京都から派生してった際に、同心円状に広がっていった結果
九州や東北で離れてるのに近いものが残っていることがある」
みたいなのが頭にありました。
信じるか信じないかはあなた次第…

 

それか!?と思ったけど、違ったようです。

 

「鬼は外~、福は内~」の掛け声も地域によって違うそうです。

 

ちょっとここでは割愛しますが、
鬼も福も内ってところもあるみたいです!

言い伝えや考え方って面白いですね。

 

 

【関西の恵方巻】

恵方巻って、

ずっと東日本で暮らしていた自分にとっては

突如として現れた感がある節分の風習に感じます。

 

コンビニが色々展開されてったからでしょうか?
取り扱いが増えたから?

 

てか、突如として現れた感あるのは「おじさん」だからか?笑

 

思い返せば、もうずっと前からあるし

今の若い子にしてみれば、東日本に住んでたって生まれた頃からあるわけだし…
スマホみたいなもんか!笑

 

 

【鰯をかざる風習】

柊鰯(ひいらぎいわし)といい、
柊の小枝と鰯の頭を門口に挿す(飾る?)ようです。

 

柊の葉の棘が鬼の目を刺し、鰯を焼く臭気で鬼が近寄らないようにする
(逆に、臭いで鬼を誘い、葉の棘で鬼の目を刺す)
という内容。

 

そして、日本各地で見られる風習みたいですね!

 

覚えてないのか何なのか、
全然聞き覚えのない風習でした…。

 

平安時代から似たことをしていたみたいですね。すごい歴史ある風習なんだ…!
「土佐日記から確認できる」とウィキペディアに書かれていました。

 

 


 

明日の節分はみなさんどう過ごしますか?
お子さんがいる家庭なら、お父さんが鬼のお面をつけて…
ってやるかもしれませんね!

 

お家でこっそり一人豆まきをしている方もいるでしょう。

…はい、私かもしれません。

(何言ってんの…恥)

 

豆まきはしないとしても
こういった行事について思いを馳せるのもいいかもしれません!
(何言ってんの…恥)

 

今回もお読みいただきありがとうございます。

またお越しくださいませ~!