店舗ヒーローイメージ

Add Re+ to Casual days.「何気ない日常にリプラス(喜び)な情報」を発信しています。

NFTってなんかすごくないですか…?

みなさん、こんにちは!

投稿担当のSです。

 

正月気分はすでに抜けましたが、

抜けきらない正月太りの体重…

 

 

リセットしないとズルズルといってまう!

 


 

さて、タイトルにあります
NFT(Non-Fungible Token/非代替性トークン)」

 

データ管理にブロックチェーン技術を使い、
改ざんすることができない仕組みのことを言います。

これってすごいことですよね!

 

そんな”NFT”と”デジタルアート”をかけ合わせた作品のことを

NFTアートといいます。

ワクワクしますよね!

 

 

アートに限らず、2021年は色んなニュースにも取り上げられて、話題となりました。

 

・TwitterのCEOが、
自分が最初に投稿したTweetをNFTにして、日本円で3億1500万円で販売

・Zombie Zoo Keeperくんの話題。
夏休みの自由研究から、作品がバズって人気アーティストに

・プロ野球の名シーンFNT化
メルカリがパ・リーグと手を組んで参入

 

じわじわと身近になりつつありますね~

 

とはいえ、

現状の自分で考えると
デジタルアートやデジタルで何かを所有したとしても
その管理?眺める?というか
どう所有欲を満たせるのかな…といった感じです。

 

服や靴、趣味の道具とかって、

持ってて嬉しい、見ていて幸せ、使って楽しい…とか

リアルに所有していることで享受できる喜びがありますよね!

 

デジタルコンテンツって、どうなんでしょうか?

 

例えばサイン色紙は現物を持ってても嬉しいけど、

自分は飾らなくなったり、ただしまってあったりするものがあります。

 

NFTのデジタルサインなら

かさばらないし、色褪せないし、管理がしっかりしていればなくさないですよね。

そういうものって自分は現物より優位性を感じたりもします。

 

これまでデジタルなものが、簡単に言うと”コピペし放題”だったものに
「唯一性」を付加することで、
デジタルなあらゆるものにしっかり“本物”の価値がつくことになります。

 

 

今後、メタバース(仮想空間でいろいろ活動できる技術)が広がっていけば
デジタルアートや資産を
“本物”のお墨付きで飾ることができる、自慢できるようになりますよね。

 

 

あとは、二次流通を通じて売買を行い儲けることもできる…

といった、“金融資産”としての価値も出てくるようで。

 

 

なんなら例に出したサインなんて、現物の方が本物か疑わしくなったり…

スーパーコピーが溢れてる市場で、リアルなモノにもNFTがくっつくでしょうね。

てか知らないだけでもうそうなのかも。

リアルとデジタルの抱き合わせ販売的な!

 

てか、プロ野球の名シーンをNFTで販売が始まるなら

そのうち、アニメとか映画のシーンごとに販売とかもありえますよね?

 

関係ないけど、月の土地ってどうなったんでしょう。笑

 

月の土地より、好きな映画のワンシーンとかのほうがほしいかも!

 

と色々書きましたが、ニュースや記事を読んでいるだけで
妄想が膨らみますね~!

 

自分が小学生の頃に描いてた
4コマ漫画…NFTアート化してみようかな?

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

また次回もご覧くださいね!